秋田空港のゆるキャラ提灯

秋田にあるべこんなとこ
http://hojinashi.cocolog-nifty.com/blog/

「秋田を楽しもう!!」、「秋田を好きになろう!!」、ないものねだりをしていても何も始まらないよ!今ある秋田をみんなで楽しんで盛上げよう!

と、いうコンセプトのもと、秋田のイベントやお店、魅力的な風景などを紹介しているBlogがあります。

写真がとてもいい感じなので、ここはぜひいってみたいなー、と思わせてくれる記事がたくさんあります。

ただ秋田のあれこれを紹介するだけではなく、ときおり街作りに関するするどい指摘が出てくるもの痛快です。

そんな、「秋田にあるべ~」さんで、

木の色で絵を作るアート展
http://hojinashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_6bdb_1.html

秋田空港の「木の色で絵を作るアート展」という展示が紹介されていました。

これらは、にかほ市在住のインターシア作家の佐々木隆一さんが作製した作品です。インターシアとは、組木細工の一種で、絵の具を使わず、絵の具替わりに木目を筆跡にして描くという、木をパズルのようにして組み合わせるアートのことを言うそうです。
インターシアについては、そうゆう技法・ジャンルがあるということも知りませんでした。木目をなにに見立てるか、というまさにパズルのような楽しそうなアートですね。

…と、思いつつも気になるのは、1枚目の写真です。
インターシアの作品の上にかざってある提灯!アレは田沢湖のたっこちゃんじゃないですか!

よく見ると、他にもキャラっぽいのがちらほらしているし…
こんなところに、ゆるキャラスポットがあったとはッ。


たっこちゃん

さきがけonTheWeb|地域キャラが8月、大館に集合 秋田人も“変身”せよ
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20080608f

 3月に県に「秋田人“変身”プロジェクト」を提案した官民協働による「秋田の将来研究会」のうち、民間メンバーで結成した秋田人変身プロジェクト推進協議会(湯瀬早百合会長、20人)は、8月2日に大館市民文化会館で「キャラクターマスコット大集合 in 大館」を開催する。
イベントは、県のマスコット「スギッチ」、全国植樹祭のマスコット「森っち」、きりたんぽのキャラクターである地元大館市の「ポン太君とキリ子ちゃん」など「少なくとも十体以上の地域キャラが集合」(同推進協議会)して地域の良さをPRするほか、トークや人気コンテスト、記念撮影会などを繰り広げる。

これは楽しみだなぁ。

イベントの内容は、TVチャンピオンの”ゆるキャラ王”や、鳥取の”ゆるキャラカップ”というよりは、みうらじゅんの”ゆるキャラショー”にちかい感じになるのかな?

とにかく、8月2日は、みんな大館に集合だ!


TVチャンピオン ゆるキャラ 日本一決定戦
http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp/060420/under.htm

第2回ゆるキャラカップin鳥取砂丘
http://www.tottori-guide.jp/fileyurukyara02.htm

みうらじゅんの伝説のゆるキャラショー

掲載許可

| コメント(1)

ひさしぶりに更新します。

最近は、のしろケットちゃんのほうに時間をとられているため、あきたキャラ図鑑はとうぶん更新できそうにありません。


いちおう解決
http://www.no-ka.com/akitachara-lab/2007/01/post_24.html

↑のエントリに↓のようなコメントをいただきました。

「パクられた」とありますが、あきたキャラ図鑑に掲載されている各画像はその 企業・団体に許可を得て掲載していますか?

知人の経営する企業のキャラが掲載されています。知人に聞いたところ「全く知
らない」とのことでした。先に許可を得てから掲載すべきでは?


あきたキャラ図鑑では、基本的にリンクや画像掲載についての許可はとってません。
いちいち権利者に許可を求めていると、時間と手間がかかりすぎるからです。

キャラクターデザインコレクション
↑この本は、いろいろなキャラクターやシンボルマークを集めた名著ですが、前文でキャラクターの掲載許可を得るための苦労話が書かれています。
500件お願いして、返事をもらえたのが300件。返事があっても許可できないといわれたものも多いそうです。

趣味でやってるサイトなので、そこまでの手間はちょっとなぁ…、と。


そんなわけで画像に関しては、“引用”させてもらっている、と考えて運営しています。
(著作権法上、引用は無断でできることになっていますから)
調査してわかった範囲内で、権利を持っていると思われる企業や団体を紹介し、リンクしています。

キャラクターって露出して、話題になってナンボだと思っているので。
(まあ、勝手ないいぶんかもしれませんが)

たとえば、おれの描いた のしろケットちゃんも、キャラや能代宇宙イベントの紹介のためだったら、Web上では無断で使ってもらってかまわないと思ってます。
(印刷物に掲載したり、イラスト使って商売したいって場合は連絡ほしいですけど)

あのエントリで“コピーされた”解説文はおれ(もしくは友人)が調査した内容をもとに、書いたものなので、そのことがわかるようになっていれば、問題なかったんですよ。
(キャラ図鑑にリンクしてくれるとかね)
しかし、あたかも投稿した本人の書いた文章であるかのようにみえたので、「それはおれの書いたものですよ」と抗議したわけです。


コメント主の方は、連絡先が不明なのでこちらからは確認できませんが、その知人の方はキャラの掲載についてどのようにお考えでしょうか?
情報がまちがっているので訂正してほしい、もしくは掲載を遠慮してほしいということでしたら対処するので、その旨連絡をお願いします。

いきなり、訴えるぞ!とかゆうのは勘弁してね。

タキイ種苗のタキットくん

タキットくん

タキイ種苗のタキットくん。
ネギ講習会で、配られていた飴、だが、別に大根味やスイカ味、トマト味だったりはしないようだ。

農業キャラは、なかなかあなどれない。

タキイ種苗
http://www.takii.co.jp/

のしろケットちゃんBlog

のしろケットちゃん

能代宇宙イベントを応援するために、勝手にマスコットキャラクター「のしろケットちゃん」をつくりました。
そしたら、いつのまにか、公認キャラクターということに…!

のしろケットちゃんBlog
http://d.hatena.ne.jp/noshirocket/

↑ここでキャラクター展開中。

ちなみに、能代宇宙イベントは、全国各地から宇宙開発関連の研究室の大学生があつまって、ロケットを打ち上げたり、缶サットってゆう衛星や、自立型のローバーのコンペをやったりしている。

能代宇宙イベント協議会(工事中?)
http://www.mono.akita-u.ac.jp/noshiro/

なんで能代で?ってゆーと…

まず秋田はペンシルロケットで、日本のロケット研究の第一歩をしるした場所である、ということ。
JAXAの燃焼実験施設があること。
ロケット打ち上げても怒られない、ひろい野原があったこと。

などの理由による。

うちの地元でロケット打ち上げの全国大会やってるんだよ、超燃えるよね!
みんなで応援して盛り上げていかないとネ。

いちおう解決

| コメント(1)

昨日のぱくられた事件(?)、とりあえず解決。

chara- キャラクター おもちゃ のコミュニティ・ポータルサイト
http://chara.cc/index.aspx

↑のサイトは投稿型のキャラクターサイトで、そこの利用者が、あきたキャラ図鑑の画像とテキストを勝手に投稿していた、という事件です。
とりあえず、削除するか、リンクを貼ってもらうかしてほしいと連絡したら、その日のうちにリンクで対処してもらえました。

投稿した人とは、直接やりあう気はないけども、丸々コピーってのは頭悪いよなぁ...
こうゆうネット上でのトラブルはよくみてきたけど、自分が当事者になるとは思わなかったよ。


ちなみになぜパクリに気がついたか、というと

秋田ふるさと村ブログ>今日のランチ&イベント&知らせ:おはよう納豆
http://blog.livedoor.jp/cpiblog01167/archives/50691722.html

↑のブログで、そっちのサイトが紹介されていたから。
リンク先にとんでったら、うちのと同じ文章がでてきてびっくりした。

あきたキャラ図鑑:おはよう娘のなっちゃん
http://www.no-ka.com/akitacharazukan/2006/07/post_6.html

ぱくられた…!

キャラ図鑑のテキストが、勝手に別のサイトで使用されてているのを発見。

さて、どう対処したものか…

飲酒運転・無謀運転の追放!!

秋田に、数あるなまはげ看板のなかでも、コレはかなり怖い。
いいわけとか、一切通じない、そもそも意思の疎通が可能なのか…?

飲酒運転はダメ、絶対!

メモ:カンバッチメーカー

オリジナル缶バッジが簡単に作れる
『canbadge maker (カンバッチメーカー)』2006年11月18日発売
http://www.bandai.co.jp/releases/J2006111501.html

バンダイから発売された、オリジナルカンバッチが作れるおもちゃ。

これで、オリジナルキャラバッチを作りたい。


カンバッチメーカー (Green)
カンバッチメーカー (Green)

カンバッチメーカー (White)
カンバッチメーカー (White)

カンバッチメーカー カンバッチセット
カンバッチメーカー カンバッチセット

秋田の話題じゃないけど…

ねんりんピック北海道・札幌2009大会テーマ・マスコット大募集!!
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/khf/homepage/09-nenrin/contents/bosyuu.htm

2009年に札幌で開催される「ねんりんピック」のマスコットキャラの募集だそうで。

しかしマスコットキャラクターデザインの最優秀賞でも“5万円相当の北海道の特産品”しかもらえないのか…
以前、ちょこっとかかわってサジを投げた、地元の産直ネット販売の企画で「マスコットキャラクター制作費20万円」とか見積もられていて、安いな~と思ったことがあったけど、それ以下なのね。
(というか、Webサイトの制作費が見積もられていないってのが、そもそもオカシイ企画だった…)

しかし、これ、じゃがいも5万円分とかだったらすげーやだなー。
せめてカニとかにして欲しい。


これまでの大会
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/khf/homepage/09-nenrin/contents/04-KOREMADENO_TAIKAI.htm

↑で、これまでの ねんりんピックのマスコットキャラが一覧できて便利。
気ぐるみ制作のことなんか、これっぽちも考慮してないデザインばかりなのが、さすがだね。

ゆるキャラ本やDVDに出てた、キビタンや、すだちくんもいる。

第1回のひょうご大会のキャラは鶴亀で、そのまんまだ。

おおいた大会の“メジロ”とか、びわこ大会の“カイツブリ”って…
せめて、「ちゃん」とか「くん」とかつけてあげればいいのに(w