ごはんを食べよう国民運動

1月17日は「おむすびの日」
040117_001.png
ごはんを食べよう国民運動

なんで~?、どんな語呂合わせ??とか思ってたら…

 1995年(平成7年)1月17日は、阪神・淡路大震災の日。
豊かな、飽食の暮らしが根本から問い直されました。食べ物もなく、不安のどん底にいた被災者は、ボランティアによる炊き出し(おむすび)に助けられました。
 この大震災の体験をきっかけに、「ごはんを食べよう国民運動」がはじまりました。
 いつまでも食料とりわけ米の重要性、ボランティアの善意を忘れないために、ごはんを食べよう国民運動推進協議会では2000年(平成12年)11月24日に「おむすびの日」を阪神・淡路大震災発生日の1月17日と定めました(日本記念日協会登録済)。

…以外とヘビーな理由づけだった。

ふるさとのおむすびはどれも、ものすごくおいしそうだ。
しかし秋田の「だまこもち」はおむすびでいいのか?

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261