なまはげ立像/男鹿市

なまはげ立像

基本的に長方形な感じの秋田県だが、ひょこっと飛び出しているのが男鹿半島。
なまはげのふるさと(?)である。

男鹿市ではいたるところで、なまはげを目にすることができるが、たぶん一番インパクトがあるのが、このなまはげ立像。
なんといってもデカいから。

男鹿半島を海沿いに、ドライブしていくと、ババーンと目に飛び込んできます。

手にもってるのが、ナニかは不明。
ふつうは出刃包丁もってるはずなんだけどな。

----------------------------------------
↑たぶん、秋田杉なのかもしれない。


村におりてきて、わるさをする なまはげと、村人が賭けをする。

夜明けまでに1000段の石段をつくることができるか?もしできなかったら、二度と村におりてきてわるさをするな、という。

なまはげは、ものすごい勢いで石段を積み上げていく。
このままでは1000段完成してしまいそうだ、というときに村人が雄鶏の泣きまねをした。
朝がきた、と思ったなまはげは、悔し紛れに杉の木をさかさまにつきたてて逃げていった。


ってな民話が残っているから。
ちょっとうろおぼえだけど。

で、このときの石段は、五社堂というなまはげを奉った神社に続いている石段だ、といわれている。
いっかいのぼってきたけど、すげー疲れた…

※2004年8月5日に投稿した記事に一部加筆

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261