no-ka日記 おなごりフェスティバル2005

今日はおなごりフェスティバルに農協の青年部としてボランティア参加。
担当する仕事は去年と一緒で 青森ねぶた の設営と警備、港の駐車場のバリケード設置。


4tトラックで移動するねぶた
まず朝イチで ねぶた の移動。
青森での本番が終わってすぐ、借りてきて倉庫に保管していた ねぶたを4tトラックで運んでくる。
今年のは、とくに力作でトラックから大幅にはみ出してしまっている。
倉庫は川向こうなので、交通規制をかけて橋を全面封鎖。
ねぶた が壊れないようにトラックはゆっくりとしか走れないので、だいぶ長く交通規制が続く。
とめられている車のドライバーたちもかなりイライラしてるみたいだけど、ねぶた のトラックをみたらなんとなく納得してくれたようだ(笑


青森ねぶたと能代七夕
準備会場の子供館前に到着。
後には、のしろ七夕の山車が。


ねぶたをのせかえる
到着した ねぶた をトラックから、祭りで使う台車の上に載せかえ。
すげー重いし、壊れないように気をつかう。
まあ、多少やぶれたくらいだったら ねぶた師 が直してくれるんだけど。
載せかえがおわったら、また倉庫にいって、提灯や看板(?)とか細々したモノをトラックに積み込む。

作業をしている途中で、選挙カーが。
候補者がちょろっと降りて挨拶していったけど、倉庫のなかに拡声器の声がうるさく響きまくって困る。

その後、駐車場として使う港にいってバリケードの設置。
これは、車がうっかり海に落ちたりしないようにするため。

ここまでやって、いったん解散。


夕方、祭りのスタート前に ねぶたチーム の控え場所へかなり遅刻して到着。
大慌てで弁当を食べる(w

出発前のねぶた
雨がふりそうなので、ねぶた にはビニールがかぶせられている。

ねぶた の控え場所の前にはサンバカーニバルのチームが。
サンバは、老若男女問わずに人気があって、控え場所に登場するとみんな盛り上がる(w
今年は去年よりもダンサーが大幅に増えて、なんだかトクをした気分だ。

出発をまっていると、雨がふりはじめた。
かなり強めの雨だが、祭りは中止せずにそのまま開始。
ジーンズのポケットに入れた携帯がこわれるんじゃないかと思うくらいずぶぬれになる。

いやぁ、寒くてしんどかった…
ずっと早くおわんないかなぁ~って思ってたもん。
結局、予定どおりに最後の花火までやったけどね。


終わったあとは、会場から控え場所まで ねぶた の誘導をしたり、駐車場のバリケードの片付けをしたり。
のこるは打ち上げの飲み会だけど、あまりにもずぶぬれ状態なので、一度家に帰って着がえてくることに。
シャツは着替えがあったからいいけど、ジーンズがあまりにも濡れてて重くて、そのままじゃ車にのれないから、下半身はパンツいっちょで帰ったよ。
いま検問とかあって、職質されたらヤバイよな~とか思いながら(w

祭りのあとなんで、呑み屋街も人が多いね。
午前3時くらいまで、だらだらと呑んでた。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261